TOKYO12ニュース

【FC東京移籍動向】FC東京、タイのメッシことチャナティプ・ソングラシンを期限付き移籍で獲得か?(プレー動画ほか)


報道によるとFC東京は「タイのメッシ」の異名を持つチャナティプ・ソングラシン(通称ジェイ、22歳)を期限付き移籍で獲得する方向で話が進んでいるとのこと。

 

jay1.jpg

 

【経歴】

タイ・プレミアリーグ(TPL)の名門BECテロ・サーサナに所属するジェイは2012年にプロデビュー。デビュー年にリーグ戦で28試合出場4得点をあげTPLの年間最優秀若手選手賞を受賞すると、以降もコンスタントに出場し13年26試合出場3得点、14年27試合出場4得点、15年23試合出場2得点の記録。

 

U-19タイ代表・U-23タイ代表で活躍する他、2012年には飛び級でタイA代表にはいり、タイ代表でのキャップ数は21をほこる。2014年AFFスズキカップ(東南アジアサッカー選手権)では優勝に貢献するほか史上最年少で大会最優秀選手賞を受賞した。

 

<2014 AFFスズキカップでのプレー動画 背番号18>

J Chanathip Songkrasin SKILL : MVP AFF SUZUKI CUP 2014(Youtube)

 

<2014インチョン・アジア大会でのプレー動画 背番号18>

Chanathip Songkrasin ● Incheon Asian Game 2014(Youtube)

 

【プレースタイル】

158cm56kgとかなり小柄ながらも「タイのメッシ」の異名を持つようにドリブルを得意とする。得点力はあまりないが東南アジアレベルではキープ力がある。自分よりも大柄な選手をフェイントと切り返しで手玉に取る。

 

【その他】

2013年には清水エスパルスに練習参加したものの残念ながら契約合意には至らなかった。当時の様子は清水エスパルス遅報が記事をあげているのでそちらをご覧いただきたい。

 清水エスパルス遅報 チャナティプ・ソングラシン(外部リンク)

 

また、昨年11月にはJ1クラブが獲得に手をあげている報道がなされた。J1クラブはガンバ大阪、サガン鳥栖と言われ、ともに今季セカンドチーム設立に手をあげたクラブだ(サガン鳥栖はセカンドチーム設立を断念している)。

 J1クラブが「タイのメッシ」にオファー、移籍先はG大阪?サガン鳥栖?(VIETNAM FOOTBALL)

この報道によるとBECテロ・サーサナとの契約は2018年まで残しており、移籍金は満額で3000万バーツ(約1億円)。

※なお、BECテロ・サーサナは2015シーズン18チーム中16位の成績で例年なら2部降格であったが、TPLは2016シーズンより18チームから20チームへ拡大したため残留が決定している。

 

01/11  06:50

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter