TOKYO12ニュース

【TOKYO12ORIGIN】日本代表招集で森重、丸山の大黒柱不在のルヴァン杯福岡戦 東京ファンが選んだCBコンビは・・・?


先日、日本サッカー協会から発表された通りロシアW杯アジア最終予選UAE戦(9月1日)およびタイ戦(9月6日)の日本代表メンバーにFC東京から森重真人選手が招集されました。また槙野智章選手(浦和)の負傷により丸山祐市選手が追加招集。

 

これによりFC東京はYBCルヴァンカップ準々決勝・アビスパ福岡戦(8月31日、9月4日)を守備陣の大黒柱両選手不在の中で戦うことに。トップチーム所属のDF、主にCBを主戦場に戦う選手は吉本一謙選手のみとなり、急遽スクランブル体制での連戦となります。

 

そこでTOKYO12.info編集部スタッフはツイッターでアンケートを行いました。アンケートの題材はディフェンスラインの中心選手となると予想される吉本選手を軸にファン・サポーターが見てみたいCBコンビです。

結果は以下のとおりです。

 

engurafu1.png

 

1056票のうち、43%が守備のユーティリティ性が高い高橋秀人選手との組み合わせ。次点にFC東京U-18所属で先日来季新加入内定が決まったユースの岡崎慎選手。差が開いてこちらも守備的ポジションを多く務めることができる徳永悠平選手とのコンビ。最後に法政大学所属で来季新加入内定が決まっている山田将之選手とのコンビとなりました。

 

<各選手のメリット・デメリット>

高橋秀人

メリットは大学時代からCBとしてプレー、FC東京入団時もCBとして起用され後にボランチで日本代表にまで登りつめた経験の高さでしょう。現在は主にボランチを主戦場として起用されていますがアンカーとして最終ラインに組み込まれることも多くコンビネーションにも問題はなさそうです。

デメリットとしては靭帯の大怪我を負ってしまった米本拓司選手そして練習には既に復帰しているものの前節名古屋戦ではベンチ外だった橋本拳人選手とボランチに怪我人が多く、秀人がCBに入った場合に中盤の底が薄くなってしまうことでしょうか。累積警告のため出場停止だった神戸戦では野澤英之、田邊草民のダブルボランチだったが後半に神戸の攻撃を抑えることができず大量失点してしまったことは記憶に新しいかと思います。

最終ラインの安定性を高める代わりに秀人が抜ける中盤が不安定になる可能性もあり?

 

岡崎慎

メリットはJ3で吉本とのCBコンビを経験していることがあげられます。J3での吉本・岡崎コンビは20試合中9試合にのぼり、また岡崎自身はJ3でここまで全20試合にフル出場しておりプロ相手の経験値としては申し分ありません。さらに岡崎をCBに配置することで秀人をボランチで起用するこができ、中盤の底の安定性に一役かえることがあげられます。

デメリットとしてはJ1チーム相手との経験不足があげられるでしょう。マッチアップするのはアビスパ福岡のFW金森健志あるいは坂田大輔でしょうか。ここのところウェリントン不在なのは救いと思われます。福岡は現在リーグ最下位とは言えJ1レベルのFW相手にどこまでやれるかが鍵となってきそうです。

 

山田将之

山田将之起用のメリットはJ3で既にプロ相手に経験を積んでいるところ。大学サッカーリーグもあり岡崎よりはJ3での出場試合数は少ないですがすでに7試合に出場、経験を積んでいます。ただしJ3では吉本とのコンビではなく岡崎とのコンビというパターンが多い。

デメリットは岡崎同様にJ1チーム相手の経験がないことがあげられます。

 

徳永悠平

徳永をCB起用するメリットはやはりポリバレント性が高いことがあげられます。本職は右SBですが左SBも卒なくこなしておりディフェンスのポジションならどこでもプレーも可能。ただし東京ではCBとして起用されたことはあまりなく、日本代表でもSBとして主に起用されてきました。

ただし徳永をCBとして起用した場合、SBは右に室屋成、左に小川諒也選手が起用されることが高そうです。両選手とも攻撃的な素質は高いのですが、まだまだ守備に課題を残しています。特に小川はJ1での試合で何度かミスから失点を献上。上記にあげた3選手の場合と異なりサイドの守り、特に徳永の抜けた穴をどう埋めるかが鍵となりそうです。

 

 

<最後に・・・>

日本代表招集により思わぬ形でスクランブル体制となってしまったYBCルヴァン杯アビスパ福岡戦。もちろん上記にあげた組み合わせ以外にもいくつものパターンはあると思います。J3での出場を重ねる柳選手なども試してみたい選手のひとりでしょう。ツイッターアンケートの特性上、アンケート題材が絞られてしまいましたが最適解は何なのか。

 

篠田監督の手腕に期待したいところです。

 

なお、この記事は練習見学等の情報は一切参考にしていないため、あくまでTOKYO12.info編集部スタッフの雑文としてお読みいただけると幸いです。

 

08/29  18:10

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter