TOKYO12ニュース

【TOKYO12ORIGIN】植田朝日の「ポポをたずねて三千里」 ~ブリーラム・ユナイテッド編~


9月6日にタイ・バンコクで行われたロシアW杯アジア最終予選・日本代表対タイ代表戦。その試合にルヴァンカップ第2戦アウエーアビスパ福岡戦を終えて福岡からかけつけた植田朝日氏が現在タイ・プレミアリーグのブリーラム・ユナイテッドで監督を務めているランコ・ポポヴィッチ氏を訪ねてバンコクからブリーラムへ日帰り弾丸ツアーを行ったようです。

ということで勝手にツイートをまとめちゃいました!

 

 

題して「ポポをたずねて三千里」

 

 

バンコクからブリーラムへは国内線の空路がお勧め。ブリーラム・ユナイテッドのあるブリーラム県はカンボジアと国境を接しておりバンコクからは陸路で5時間から6時間かかると言われています。空路だと1時間程度でつくようですね。

 

 

アマリ・ブリーラム・ユナイテッド・ホテルはブリーラムが本拠地としているサンダーキャッスル・スタジアムに隣接したホテル。外装だけでなく内装もブリーラム一色!

さすがアジアの金持ちクラブといったところでしょうか。東京にもこんなホテルが欲しい!

もちろん青赤一色、青赤グッズで!

 

 

来年2月にバンコクでキャピタルカップが開催されたらブリーラムまで足を伸ばしてみてもいいかもしれませんね。もし東京がACLの出場権を獲得しブリーラムと対戦することになればここに泊まってみたいですね。

なおブリーラムは今シーズン不調で現在首位ムアントン、2位バンコク・ユナイテッドに話されて3位につけています。タイのACL出場枠は現行1+2ですが、タイFAカップ(日本では天皇杯に相当)チャンピオンに出場権が与えられるため厳しい状況にいるようです(ブリーラムはそのタイFAカップでも既に敗退)。

 

さて、植田朝日氏の「ポポをたずねて三千里」ですが・・・

 

速攻会えたようですね

 

 

アニメだとイタリア・ジェノヴァに暮らすマルコ少年が南米アルゼンチンに出稼ぎにいった母をたずねてイタリアから南米、地球の裏側まで非常に長い旅をするのですが、世の中便利になりました(違う)

 

 

自前のホテルを持っているだけでなくスタジアムからクラブハウス、練習場、監督専用ルームでしょうか。それ以外にもブリーラムはブリーラム・ユナイテッド・インターナショナルサーキット(現在は命名権がついてチャーン・インターナショナル・サーキット)なども保有しています。さすがアジアのお金持ちクラブ。

 

 

ポポヴィッチ元FC東京監督からFC東京ファン・サポーターの皆さんへのメッセージです。東京での監督時代は結果こそついてきませんでしたが、ある意味で「愛された監督」とも言えるのではないでしょうか?

ポポヴィッチ監督は今年8月にブリーラム・ユナイテッドの監督に就任したばかり。ブリーラムでの活躍をお祈り申し上げます。

 

 

ブリーラム弾丸ツアーは半日ほどでしょうか。あの豪華な、そしてサッカーファンなら一度は泊まってみたいようなチームカラーとグッズとエンブレムであふれたホテルにわずか20分の滞在。もったいない!

いつか東京がブリーラムと対戦する日を夢見て。その時もポポが監督をしてくれていたらと思います。

 

 

09/07  19:03

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter