TOKYO12ニュース

【TOKYO12NEWS】最新FIFAランキング 日本は順位を7つさげて56位 アジアではまさかの6位に後退


本日FIFAから最新のFIFAランキングが発表されました。ロシアW杯アジア最終予選を戦う日本は前回から順位を7位さげて56位。同一大陸内での順位も前回の4位からオーストラリア、ウズベキスタン、サウジアラビアに抜かれてアジア6位へと陥落しました。

 

The FIFA/Coca-Cola World Ranking - FIFA.com

fifaranking2.jpg

 

アジア首位は712ポイントでイラン。世界ランキングでも37位にはいります。

アジア2位は643ポイントでオーストラリア。前回ランキングからポイントで94ポイントを積み重ね、順位では12あげて世界ランキングベスト50にはいりました。

韓国が634ポイントでアジア3位へ。前回ランキングから順位を1つあげています。

アジア4位にはいったのはウズベキスタン。こちらも621ポイントと前回ランキングから61ポイントを重ねています。サウジアラビアも48ポイントを積み重ねて588ポイントで世界ランキング52位に浮上。

気になる日本はポイントでは前回から21ポイントのマイナスで574ポイント。世界ランキングの順位でも7つさげて56位へ。前述のとおりオーストラリア、ウズベキスタン、サウジアラビアの3カ国にアジア内で抜かれアジア6位と前回アジア3位よりもさらに順位を下げる結果となっています。

 

fifaranking1.jpg

※参考リンク

 

最新FIFAランク発表:最終予選黒星スタートの余波…日本は56位後退でアジア6位に 1位アルゼンチン、2位ベルギーは変わらず(ゲキサカ)

 

FIFAランク、日本は56位でアジア6番手に転落 最終予選B組でも3番手に(サッカーキング)

09/15  18:44

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter