TOKYO12ニュース

【TOKYO12ORIGIN】FC東京U-23に対するイメージは? 東京ファン・サポーターアンケート結果(1)


9月13日にツイッター上で行ったFC東京U-23チームに関するアンケートを行いました。FC東京U-23が始動してから半年が過ぎ東京ファン・サポーターの間でもチームでの役割などだいぶ認知されてきたかと思います。

 

【アンケート結果】

 

 

31% 大成功 今後FC東京の財産となりうる

49% 成功しているが選手層などに問題も含まれる

14% 試合結果・成績から成功しているとは思えない

6% 失敗 トップチームにリソースを割くべき

 

このような結果となりました。アンケート投票数782票のうち実に半数の49%が「成功しているが選手層などに問題がある」との認識。ついで3割の31%の方が「大成功 FC東京の財産となる」と感じているようです。

 

この時点で合計80%と8割のファン・サポーターに好印象を与えているFC東京U-23。

 

U-23に対して高い、あるいは比較的高い評価をくだしているファン・サポーターが多くいることがうかがえます。こちらを見て行く前にまずは少数意見を見てみたいと思います。

 

fctokyou23image1.jpg

 

まず14%の方が「試合結果・成績から成功しているとは思えない」を選択。

J3第21節終了時点でFC東京U-23は4勝7分10敗勝点19でJ3全16チーム中14位の成績。同じくU-23チームを発足させたガンバ大阪、セレッソ大阪のU-23チームの後塵を拝しています。

また、J1・トップチームは年間28試合終了時点で11勝6分11敗勝点39で10位の成績。1stステージ半ばからの不調、2ndステージでの低迷から城福監督解任などもありトップチームの成績は必ずしも良いものとはいえません。

U-23チームの存在はU-23そしてトップチームへ試合結果、成績として還元されていないという判断かと思われます。

 

最後に6%の方。

これは少数派となりますが別の視点から「トップチームにリソースを割くべき」を選択していることが推察されます。あるいは消去法での選択の可能性もあります。

U-23は既存の若手選手に加えオーバーエイジ枠としてトップチームには出れていない中堅・ベテラン選手、そしてFC東京U-18からの2種登録(他に大学在籍の特別指定選手)が主であり、J3参入により新たな選手を獲得して人件費を余計に使っているわけではありません。ですが試合運営費などクラブの営業費用、人材・人件費などが割かれることを危惧する声でしょう。

 

Jクラブの中ではトップチーム人件費の割合が非常に高いクラブがあります。そうしたクラブは主に外国人選手を含めた選手補強、人件費の投入を行ってチーム強化を図っています。例にあげますと柏レイソルは営業費用に対するチーム人権費は実に61.2%。一方で東京は41.1%となっています。なおJクラブで最大の営業収入・費用をほこる浦和は営業費用に対するチーム人件費は35.2%。2015年度のJ1クラブ平均は44.5%。

 

(2)へ続く

 

09/15  20:10

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter