TOKYO12ニュース

【TOKYO12RADIO U-23】吉本が語るFC東京U-23「メンタル的にきつい時にJ3に助けてもらえた」


昨日レインボータウンFM(79.2MHz)にて今年2回目のFC東京U-23応援番組『TOKYO12RADIO U-23』がオンエアされました。放送では多くの東京ファンにハッシュタグ #tokyo12 でご参加いただき非常に好評を博したと思います。

 

その前に

 

 

吉本選手。放送前の番組宣伝ありがとうございました!

吉本選手にはオーバーエイジとして現在U-23に参戦している水沼宏太選手、圍謙太朗選手のインタビューキャスティングをして頂いたとのこと。彼らがうちに秘めた心の声も今回の放送で明らかになりました。

 

さて、スタジオの雰囲気はこんな感じ。

 

 

メンバーは『TOKYO12RADIO』パーソナリティでお馴染みの植田朝日氏、DEN氏。レインボータウンFMラジオDJの木幡ケンジさん、調布FM FC東京サッカー中継のピッチリポーターを務める宮本ゆみ子さん、FC東京応援隊のCUBERの皆さんです。

 

CUBERSの皆さんは特に植田氏にいじられまくっていました。

 

 

レインボータウンFMでは生放送中の観覧も可能。外からの雰囲気はとてもいい感じですね。

 

 

ん?

 

この『TOKYO12RADIO U-23』はFC東京公式番組。オフィシャル番組です(そのためクラブ公式サイトからも告知がありました)。なお、本家の『TOKYO12RADIO』はアン・オフィシャル番組。

そのわけはと言うと「オフィシャルなの面倒くさい!やりたいようにやる!」と言う植田氏。まあ、らしいといえばらしいですね。

 

 

それでは、お聴きになれなかった方のためにツイートをまとめましたのでご覧ください。

 

9月28日放送分:インタビューその一 吉本一謙選手

 吉本「メンタル的にきつい時に助けてもらえた」

 

 

吉本一謙選手は岐阜・水戸への期限付き移籍を繰り返しながら2014年は25試合、2016年は19試合とコンスタントにリーグ戦に出場できるようになっていましたが、今シーズンはJ1での出番が少なく出場機会の場をJ3へ移していました。

 

普段は表に出さない吉本選手ですがその心中は察するにあまりあるものなようでした。それでもJ3があったからこそ「メンタル的にきつい時に助けてもらえた」とのコメント。

 

オーバーエイジでU-23に参戦している選手たちも同様の心境でしょう。それは次の水沼宏太選手、圍謙太朗選手のインタビューでなおはっきりします。

 

(続く)

 

 

09/29  05:00

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter