TOKYO12ニュース

【TOKYO12RADIO U-23】中村忠監督インタビュー 中村監督「FC東京の選手のためにU-23を作った」


昨日レインボータウンFM(79.2MHz)にて今年2回目のFC東京U-23応援番組『TOKYO12RADIO U-23』がオンエアされました。

 

前回のオンエアではFC東京ゼネラルマネージャーの立石敬之氏にFC東京U-23設立の意義をインタビューでお聞きしましたが、今回は現場で指揮をとる中村忠FC東京U-23監督にインタビューをしました。

 

CtCC9v9VMAEfohp.jpg

 

9月28日放送分:インタビューその三 中村忠U-23監督

 中村監督「FC東京の選手のためにU-23を作った」

 

 

夏の体制変更に伴いFC東京U-18コーチからトップチームコーチ兼FC東京U-23監督に就任した中村忠監督。愛称はチュウさん、ミニラ。ミニラをご存じない平成生まれの方に説明しますとゴジラの子供がミニラです。

 

mig.jpg

 

これがミニラ。まあ、わかりますよね。

 

はい、ということでインタビュー。

 

 

 

 

 

2004年に現役を引退した後、2005年から東京Vで育成のコーチを務め、2012年からはFC東京でU-15むさしのコーチ・監督を務めてきた育成畑の中村忠監督。

 

U-23監督に就任した中村監督が最も重要視するのは「U-23からトップチームへどれだけ選手をあげられるか」。もちろん勝敗も大事ですが、それと同じくらいにU-23からのボトムアップを重要視しています。

 

そしてU-23がJ3で公式戦を戦う意味。公式戦翌日に行われる練習試合とはまるで違う真剣勝負の場での戦いです。J3クラブは限られた資金の中でJ2昇格を目指しています。そして対戦相手の選手たちは全員がプロ契約を結んでいないことも多く、まさにハングリー精神の塊。死に物狂いで戦っています。そこで環境も良い「温室育ち」の若手選手たちがどこまで戦えるかというのが重要でしょう。

 

 

ちなみにチュウさんは先にも述べました通り、ヴェルディ出身ですがもともと東京生まれ東京育ちのためFC東京で指揮を執ることに特にこだわりはないとのこと。

 

 

 

閑話休題。

いきなり久保くん(U-16日本代表 久保建英選手)の話をぶち込んでくる植田氏。

 

 

 

 

 

久保選手のU-23起用に関してははっきりとした回答は得られませんでしたが、全ての選手に言えることは使えるレベルに達していなければ使わないと言うこと。技術・テクニック・センスなど脱帽する久保選手ですがフィジカル的にはまだまだ。全国的に取り上げられる選手ではありますが「使えなければ使わない」方針でしょう。

 

 

さらに将来有望な若手選手を意図的に使うかどうか切り込む植田氏。

 

 

 

 

「『試合出場が少ない選手のために』『FC東京の選手のために』クラブがU-23を作った。」。若手選手の中で試してみたい、あるいは他にも様々な思惑がある中でもまずは選手のためにU-23チームを作ったことを強調する中村忠監督。クラブは若手が真剣勝負できる場所を提供しましたよ、と。ではそこでプレーするために、そしてトップチームのメンバーリストに入るためには?

能力もありますが、選手自身の努力次第と言うことでもあるのでしょう。

 

 

吉本選手、そして水沼・圍選手もそうですがオーバーエイジとしてU-23チームで出場することに葛藤や悩みを抱える選手もいます。そうした選手に対して

 

 

 

 

若手ですがユ・インス選手や中島翔哉選手もU-23で出場してからトップでの出場チャンスを得ました。吉本選手や梶山選手もU-23でチャンスを伺いながらトップでの出場機会を掴んでいます。

 

J3だからと腐るのではなく、J1で使ってもらえるためのステップアップの場所として前向きに捉えている選手も多いことは吉本・水沼・圍選手らのインタビューからも伺えます。

 

 

 

と言うことで皆さんFC東京U-23の試合にきてください!との締めでした。

FC東京U-23は次節10月2日(日)味の素フィールド西が丘にてY.S.C.C.横浜と対戦いたします(14時キックオフ)。

お時間のある方はぜひFC東京U-23の応援に西が丘へ足をお運びください。

 

最後に

 

 

先日、1年2ヶ月ぶりに公式戦に復帰した石川直宏選手もU-23がなければ復帰はもう少し先になっていたことでしょう。U-23がなければユースの選手もプロの選手、社会人の選手と対戦する場所はなかったことでしょう。

 

若手選手の出場機会の場所としてだけではなく、ベテラン選手のコンディション調整の場、トップで出られない中堅選手が雌伏雄飛する場、ユース選手のボトムアップの場としてFC東京U-23が存在していること。その意義を今回のインタビューで改めて理解した次第であります。

(終)

09/30  10:45

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter