TOKYO12ニュース

【TOKYO12NEWS】FC東京、サガン鳥栖の日本代表GK林彰洋にカウンターオファー フリートランスファーで獲得なるか?


こちらもフットボールチャンネルソースのニュース。

FC東京が今季で契約が切れるサガン鳥栖のGK林彰洋の獲得に乗り出しているとのこと。

 

 

林は鳥栖との契約は今季で切れるため、獲得なれば移籍金なしのフリートランスファーになる。

 

FC東京のGK事情は正GKは湘南ベルマーレから獲得した秋元陽太を中心に、U-23チームでは圍謙太郎、榎本達也そして昇格の決まっているFC東京U-18の波多野豪と言った陣容。

さらに来季はFC東京下部組織出身でU-19日本代表GK廣末陸(青森山田)の加入が内定している。

 

ホルンに期限付き移籍をしている元日本代表GK権田修一の去就も気になるところ。クラブ発表によれば移籍期間は2016年12月31日までとなっており、10月29日のスポーツ紙の報道では権田に対して復帰要請のオファーの報道があった。ただしこの辺の事情ははっきりとしていない。

 

また、10月28日の報道では秋元に対して古巣の湘南が復帰の正式オファーを出したとの報道もあった。

 

鳥栖の森重への3億円オファーに対して、カウンターのような形で鳥栖の守護神林へのオファーそして獲得濃厚との報道。GK事情にも注目しておきたい。

 

 

 

11/17  19:04

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter