TOKYO12ニュース

【TOKYO12NEWS】コロンビア飛行機墜落事故 12月3日東京武蔵野シティ戦にて黙祷を実施


先日コロンビアで発生した飛行機墜落事故でブラジルのサッカークラブ「シャペコエンセ」の選手や監督、スタッフ、関係者を含む大勢の方が犠牲となりました。

FC東京は12月3日に行われる東京武蔵野シティFCとの公開トレーニングマッチのキックオフ前に黙祷を捧げます。

 

FC東京からの全文はこちら

 

現地時間11/28(月)コロンビアで発生した飛行機墜落事故により、ブラジル1部リーグのサッカークラブ「シャペコエンセ」の選手を含む大勢の方々が犠牲になられました。

FC東京では、12月3日(土)に味の素スタジアムにて開催する公開トレーニングマッチvs東京武蔵野シティFC戦(11:00キックオフ予定)のキックオフ前に、このたびの悲しい事故により亡くなられた方々のご冥福を祈り黙祷を捧げることといたしました。当日ご来場を予定されいているみなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

あらためて、亡くなられたみなさまに哀悼の意を表するとともに、心よりご冥福をお祈りいたします。また、シャペコエンセにかかわるすべてのみなさまへ心よりお悔み申し上げます。

※なお、当日のトレーニングマッチにおいて両チーム選手は喪章をつけてプレーを行う予定です。

2016.12.02 黙祷の実施について(飛行機墜落事故を受けて) | F.C.TOKYO

 

当日、イベントに参加される方はどうぞご理解ご協力のほどよろしくお願いします。

 

chape_mono.png

 

12/02  18:20

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter