TOKYO12ニュース

【TOKYO12NEWS】キャピタルカップ続報 来年1月にニューイヤーカップ(仮)に変更 日本からは鹿島と横浜M 東京は参加せず


今年の9月にスポニチから報道された「キャピタルカップ」に関する続報。

 

キャピタルカップはアジアの首都クラブであるFC東京(日本)、FCソウル(韓国)、北京国安(中国)、バンコク・ユナイテッド(タイ)の4クラブがタイの首都バンコクに集まりカップ戦を行うとの報道。スポンサー収入から優勝賞金1億円が与えられるとのことだった。

 

4カ国の首都クラブ参加「キャピタルカップ」開幕へ 来年2月バンコク有力(スポニチ) 2016.9.7報道

 

ところが今日の報道によると日本から出場クラブに変更があった。FC東京は参加せず鹿島アントラーズと横浜F・マリノスの2クラブの出場が有力とのことで、名前もキャピタルカップではなくニューイヤーカップ(仮)とのこと。

 

 

 

 

昨晩の時点でタイで行われているスズキカップに遠征中の植田朝日氏も「来年はキャピタルカップはない」とコメントしていた。違うクラブは鹿島と横浜Mが該当(見落とし失礼いたしました)。

 

 

また、9月の段階で出場が予定されていたFCソウルも2017年2月12日に浦和駒場スタジアムで行われる『第10回さいたまシティカップ』に出場、浦和レッズと対戦することが決定している。

 

 

第10回さいたまシティカップ大会概要について(さいたま市)2016.12.7

『第10回さいたまシティカップ』開催、市内在住の小・中学生を無料招待(浦和レッズ)2016.12.7

 

ACL以外ではなかなか国際試合を行えないず、キャピタルカップではアジアのクラブと対戦できる格好の場所だっただけに大会方式および出場クラブに変更があったことは残念としかいえない。

 

FC東京は是が非でも天皇杯を勝ち取り、ACLの舞台でアジアのクラブと戦うことを願わずにはいられない。

 

 

12/08  21:36

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter