TOKYO12ニュース

【TOKYO12ORIGIN】Jリーグマスコット総選挙2017 昨年2位のドロンパは大苦戦!?(2)


Jリーグマスコット総選挙2017 昨年2位のドロンパは大苦戦!?

前編はこちら

【TOKYO12ORIGIN】Jリーグマスコット総選挙2017 昨年2位のドロンパは大苦戦!?(1)

前編ではFaceookとInstagramのいいねからドロンパが上位に健闘していることを示しました。

今回の後編ではおなじみYahooのリアルタイム検索からグラフを出してみました。

※Yahooリアルタイム検索は特定のワード(今回は各マスコットに指定されたハッシュタグ)を入れることでツイート数の推移が見られます。

 

【Twitterハッシュタグ】

それではこの表をご覧ください。

twitter1.jpg

※チームカラーと折れ線の色は必ずしも一致していないので気をつけてください

※この8マスコットが上位8マスコットと言う意味ではありません

 

この折れ線ではFacebook、Instagramいいねで上位にはいったマスコットのうち8体を表示しています。精鋭中の精鋭で今回の総選挙でもトップ10にはいる可能性が非常に高いマスコットですが、その中でも上位群と下位群に分けられます。

上位群に入るのは前年度チャンピオンのベガッ太(ベガルタ仙台)そしてグランパスくん(名古屋グランパス)、ガンバボーイ(ガンバ大阪)、サンチェ(サンフレッチェ広島)。

下位群はしかお(鹿島アントラーズ)、ヴァンくん(ヴァンフォーレ甲府)、ドーレくん(コンサドーレ札幌)そして東京ドロンパ(FC東京)です。

 

 

続いて1月27日から2月6日までの合算値を見てみましょう。

 

twitter2.jpg

※Yahooリアルタイム検索のツイート数合算値からグラフを生成しています

※この8マスコットが上位8マスコットと言う意味ではありません

 

折れ線グラフで表示した8マスコットのうち2月6日〆時点での「Twitterハッシュタグ」の合算値の横棒グラフは以上のようになっています。

グランパスくんが34168票でトップ、2位に32997票のベガッ太、3位に離れて17676票のサンチェと続きます。

ドロンパは合算値で7326票。これはグランパスくんの得票のほぼ2日分相当に値します。

また、鹿島アントラーズのしかおはトータルで353票。Instagramでは5位に入りましたが、そのユーザー層はTwitterを利用していないことが伺えます。

 

 

話はそれましたが、現時点でドロンパは上位群から引き離されてのセカンドグループにいることは間違いありません。

もちろんこの票がそのまま数値としてFacebookやInstagramのいいね、そして公式サイトの投票結果と合わせてどのように反映されるかは不明です(各SNS、インターネットツールによりかけられる係数が異なると予測)。

ただしTwitterハッシュタグでは上位に大きく溝をあけられており、苦戦必死と言ったところでしょうか。

 

明日2月8日に上位陣の中間発表が行われますがドロンパは何位に入っているか。Twitterでは劣勢のドロンパの順位に注目が集まります。

 

02/07  17:44

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter