TOKYO12ニュース

【TOKYO12ORIGIN】FC東京U-23、今季のメンバーはどうなる?


3月12日夢の島競技場で開幕する明治安田生命J3リーグ。FC東京も昨年同様参戦が決定している。

今季のFC東京U-23のメンバーはどうなるか。あらためておさらいしてみたい。

 

【FC東京U-23 23歳以下メンバー】

GK   廣末陸 新加入
    波多野豪 新加入
DF SB 室屋成  
  SB 小川諒也  
  SB/CB 柳貴博  
  CB 岡崎慎 新加入
  CB 山田将之 新加入
MF OH/SH 平岡翼  
  OH 佐々木渉  
  OH ユ・インス  
  OH/SH 中島翔哉  
  OH 内田宅哉 新加入
  DH 鈴木喜丈 新加入
  DH/OH 橋本拳人  
  OH/SH 中島翔哉  

 

※当該シーズンの12月31日時点の満年齢で23歳以下のメンバーで構成する

現時点で15人のメンバー。すでにJ1で即戦力として戦っている選手も含まれている。

 

GKは新加入の廣末陸と波多野豪。波多野豪はU-20日本代表に招集されており197cmと規格外の高身長を活かしたセービングでゴールマウスを幅広く守る。また廣末陸は大柄ではないものの瞬発力で勝負するタイプのGK。足元のテクニックはフィールドプレイヤーと遜色なく、様々な種類のゴールキックを蹴れる。同年代、年代別代表の座をかけて二人の競争に注目が集まる。

 

 

DFは昨年2種登録ながらJ3リーグに29試合出場した岡崎慎、そして法政大学から特別指定で登録し7試合に出場した山田将之が新加入としてメンバーに連なる。SBにはすでにJ1でおなじみの室屋成、小川諒也の2人がおり、CB・SBを兼任する柳貴博がそこに加わる。

 

 

MFは新加入に中盤ならどのポジションでもプレー可能な内田宅哉、そしてボランチで安定感を発揮した鈴木喜丈がはいる。内田宅哉は昨年J3で12試合に出場、鈴木も25試合に出場しており、DFの岡崎、山田とともにすでにプロの世界を十分に経験済みなのは大きい。

 

 

FWには23歳未満の選手はいないためFC東京U-18から2種登録されるか、あるいは特別指定選手か。また、昨日のU-20日本代表との練習試合でピーター・ウタカが出場したようにバーンズや前田・阿部らがオーバーエイジで出場する可能性もある。

 

 

気になるのはFC東京U-18から2種登録される選手だろう。現時点では公表されていないが、U-20日本代表に招集されたMF久保建英選手の登録は間違いないだろう。また、久保同様に年代別日本代表候補として注目を集めるMF平川玲の存在も忘れてはならない。

そして昨日の練習試合ではDF岡庭愁人、DF坂口祥尉、MF小林幹、MF小林真鷹、MF長谷川大貴、MF品田愛斗、FW原大智らが出場している。

中には昨シーズンのJ3で出場経験のある選手もおり、岡庭は2試合、品田が1試合、小林真鷹が6試合、坂口祥尉が2試合に出場済みだ。

 

 

2種登録の発表は明日。若手選手の中にけが人が発生しているという情報もある。昨年は数度に分けて登録されたことから、チーム状況を見て追加登録される可能性が高い。

 

03/09  19:59

コメント&トラックバック

最新記事リスト

TOKYO12 Twitter