バーチャルオフィスを使いこなすための基礎知識

>

バーチャルオフィスについて

バーチャルオフィスの特徴

しばしばレンタルオフィスなどのスペースや、備品を貸し出すタイプのオフィスと混同されますが、バーチャルオフィスは実体のあるオフィスを貸し出すサービスではなく、あくまで法人事業を行う上で必要となる登記情報などを貸し出すサービスのことです。
バーチャルオフィスは現実としてのオフィスがあるわけではありませんが、事業上の住所として利用でき、銀行での法人口座の開設や社会保険への加入も可能となっています。
要するに、実際に業務を遂行するオフィスとしては存在していないけれど、各種申請に必要な情報だけを有している仮構上の事務所がバーチャルオフィスなのです。
また、単に情報を貸し出すだけでなく、郵便物の受け取りや電話番号の貸し出しなども行っています。

バーチャルオフィスで提供されるサービス

バーチャルオフィスで利用できるサービスには、通常のレンタルオフィスやコワーキングスペースなどと同様に、基本料金で利用できるサービスと有料で追加できるオプションサービスの二つに分かれます。
だいたいのバーチャルオフィスでは、郵便物の受取、電話番号やFAX番号の提供は基本のサービスに含まれます。
有料のオプションサービスで提供されるものは、法人登記の代行、経理や会計、税務、労務に関するサポート、融資や補助金、助成金などの各種申請サポートなどがあり、少ない人員でも業務を円滑に進めるためのものが多いようです。
また、会議室や打ち合わせスペースや郵便の転送サービスを提供しているところも多く、業者によって基本サービスに含まれていたり有料のオプションサービスの方に含まれたりしてまちまちなので、ホームページなどで事前に内容を確認しておきましょう。


Share!
TOPへ戻る